クレカ サイン

まとまったお金を借りたい人は銀行カードローン

最近ではカードローンという言葉をよく耳にするようになりましたが、カードローンとは消費者金融や銀行が提供している個人向け融資のローンサービスで、クレジットカードやローンカードを使ってATMなどでお金を借りることができます。

ご利用限度額は審査の際に決まりますが、消費者金融でお金を借りる場合、年収の3分の1までしか借りることができない総量規制という法律が定められているので注意が必要です。

一方、銀行カードローンは総量規制対象外で、年収の3分の1までしか借りられないという制限がありませんので、まとまったお金が必要なときは銀行カードローンがおすすめです。

また総量規制対象外なので、消費者金融のカードローンでは審査が通りにくい専業主婦や年金で生活をされている方でもキャッシングが可能な場合があります。

さらに、借りる金額が高ければ高いほど返済するのに時間がかかってしまうので、金利が気になる方も多いかと思いますが、銀行カードローンは消費者金融と比べて金利が低いという特徴もあります。


銀行カードローンまとめ,総量規制による借入額の制限がない,金利が低い,まとまったお金が必要な人や低金利で借りたい人におすすめ 銀行カードローンまとめ,総量規制による借入額の制限がない,金利が低い,まとまったお金が必要な人や低金利で借りたい人におすすめ

おすすめの銀行系のカードローン

みずほ銀行
実質年率: 3.0~7.0%(※)
利用限度額: 最大限度額1,000万円
融資: 最短即日利用可能
審査スピード: 原則即日
【専業主婦OK!】
インターネットからのお申込み「WEB完結申し込み」だと、最短即日利用可能で
お申込みからご利用までがネットで完結するので、来店も郵送もありません!
みずほ銀行のキャッシュカードをお持ちの方はすぐにご利用頂けます。
みずほダイレクト利用、または通帳をお持ちの方で200万円以下の場合、原則的に書類提出がいりません。
※エグゼクティブプランの場合。みずほ銀行の住宅ローンに加入でない場合は金利が3.5~7.5%になります。
エグゼクティブプランとコンフォートプランは審査の結果によって自動的に振り分けられます。

アコム 三菱UFJファイナンスグループ
実質年率: 4.7~18.0%
利用限度額: 1万円~500万円
融資: 最短当日利用可能
特徴: 最短30分で審査回答!
アコムなら最短30分で審査回答!即日融資も可能!
まずは3秒診断で借り入れ可能か簡単診断!
初めてのお客様で返済期日「35日ごと」を選択された方は30日間金利0円!
インターネット返済なら24時間利用可能なのでお忙しい方でも安心!

プロミス 三井住友銀行グループ
実質年率: 4.5~17.8%
利用限度額: 限度額500万円
融資: 最短1時間で可能
特徴: WEB契約なら即日融資も可能!
Webなら来店不要で24時間お申込み受付!
最短でその日のうちにご融資も可能!
はじめての方で登録される際、Eメールアドレスを登録し、WEB明細を選択していただければ、30日間無利息!
50万円以下であれば、収入証明書類なしで借りれます。

新生銀行レイク
実質年率: 4.5%~18.0%
利用限度額: 最高500万円
融資: 最短当日融資可能
審査スピード: 画面上ですぐに結果表示
【専業主婦OK!】
主婦/主夫の方でもパートやアルバイトなどで安定した収入がある方でしたら、お申込みOK!
お借り入れやご返済の際などのATM手数料無料!
初めての方で、契約額1~200万円の方はお借入額のうち5万円までを180日間無利息に!
もしくは、お借入額の全額を30日間無利息に!嬉しい無利息ローンサービス!

銀行カードローンの申し込みはスマホが便利!

最近ではカードローンは即日融資が可能であったり、人目につかずに自宅からお金を借り入れできる、スマホを使ったキャッシングの申し込みができるので利用したことがある方はかなり多くいます。

スマホを使っての申し込みは何が便利かというと、審査の結果がなかなか出ないため無人契約機の周りをうろうろしたり何度もお店に行かなくてすむので、ほとんどの方が自宅で安心して審査を待てるスマホでのキャッシング申込を利用しています。

特に専業主婦で銀行カードローンを利用したい場合、スマートフォンでの申し込みだと人目を気にすることもありませんし、子供を連れて無人契約機に行くなどの手間も省けます。

インターネットでの申込はパソコンでもできますが、立ち上げる時間などを考えると、スマホならちょっとした隙間時間を使って簡単に申し込みができます。

今まで消費者金融の審査に落ちた方でも、この年収の3分の1以上の借り入れができないという部分に引っかかっている方は多いのですが、主婦の方でも銀行系のカードローンを申し込むと審査に通るといったことが多くあります。

銀行カードローンと消費者金融のサービスなどの違い

お金を借りるとき、銀行カードローンと消費者金融のどちらかに申し込みをすることになるのですが、それぞれに特徴やメリットがあります。

銀行カードローンと消費者金融の最も大きな違いとは「総量規制」にあります。
総量規制とは、年収の3分の1以上のお金の借り入れができないという決められている規制です。

消費者金融は総量規制の対象となり、お金を借りる人の年収の3分の1までの借り入れしかできません。
銀行系カードローンは総量規制の対象外になり、お金を借りる人の3分の1以上の借り入れが可能になります。

消費者金融は、初めての方には初回無利息サービスのキャンペーンなどを多くの会社が行っています。
さらに即日融資が可能だったり、審査から貸付の時間が短く契約のスピードの速さが特徴です。
その為、一般的に金利が高くなる傾向があります。

そして、勤続年数や収入など審査に大きく影響しません。
収入が無い人には審査を通過するには厳しくなってしまうのですが、比較的には審査が緩やかなのでアルバイトやパートの方も利用可能です。

銀行カードローンは、利用限度額が高めに設定されていてます。
消費者金融と比べると金利は低いです。

審査が丁寧で審査基準も高めですので、審査から貸付の時間がある程度は必要とされることが多くあります。
そして、勤続年数や収入などの要素を基準ににしているので可否されることもあるのですが、その分、低金利で高額の借り入れが可能です。

銀行カードローンも消費者金融もそれぞれにメリットなどが違ってくるので、事前にしっかりと自分に合った利用法を調べて活用しましょう。

このページの先頭へ